カーナビ

DSRC車載機に光ビーコンをセットにしたアルパインの何故?

光ビーコンを付属したDSRC車載器が登場

Photo 先日、ふとアルパインのカーナビをホームページ上でチェックしていたら、カーナビと組み合わせて使うDSRC車載器に目が止まりました(写真右)。今どき、DSRC車載器は珍しいことじゃありませんが、新発売されたアルパインのDSRC車載器・HCE-B110Vにはなんと光ビーコンが付属していたんです。                  

 そもそもDSRCを装着するメリットとしてあるのは、ETCと同様のシステムを使って交通情報の受信や、駐車場/ガソリンスタンドでの料金決済などができ、一つの端末で様々な交通インフラに対応できることでした。これによりETCと兼用できるシステムでビーコンレスでも渋滞回避が出来るようになり、料金決済など様々なケースでメリットが生まれるはずでした。

 しかし、全国の高速道路約1600箇所で「ITSスポット」として路側端末が設置され、DSRC車載器で交通情報が受信できるようになったものの、実現したのはそこまで。他は遅々として進んでいないのです。

交通情報はDSRCで一本化だったはず?

2DSRCならオールインワンで様々な交通インフラに対応できるはずだった

 なかでもユーザーを混乱させるのが一般道で交通情報を受信するには光ビーコンが今後も欠かせないことです。実は、一般道での交通情報を提供するのは警察庁の管轄。国土交通省は高速道路が管轄ですから、いくら国土交通省がDSRCの普及を促しても一般道では管轄外。一方の警察庁はDSSS(詳細は→http://www.utms.or.jp/japanese/system/dsss.html)といった新たなインフラを準備するなどして、光ビーコンを使った独自路線を驀進中です。

 結局、高速道路でも一般道でも渋滞回避が出来る交通情報を得るためには、DSRCと光ビーコンが欠かせないわけで、複数のシステムを搭載しなきゃいけない環境は何も変わっていないのです。これこそ、行政がいかにユーザーに目が向いていないかを示す“好例”なのです。

 アルパインの光ビーコンをセットにしたDSRC車載器は、そんなふざけた縦割り行政が招いた“負の産物”と言ってイイのではないでしょうか。ユーザーを振り回すのもいい加減にして欲しいものです。

新年を迎え、懸案だったサイバーナビの地図を全更新!

ダウンロードに予約が必要な地図データ更新

 昨年の暮れにメッセージが表示されて以来、更新しなきゃいけないと思いつつ見送り状態になっていたサイバーナビの地図データ更新。やっと全更新を行える状況になりました。  

201301_cyber

 サイバーナビに限らず、年に数回ある全更新はPCでのダウンロードが必要です。しかもダウンロードには予約が必要で、このタイミングを逃すと次の予約を取り直さないといけません。つまり、確実にPCの前にいるときでないとダウンロードはできないんですね。

 それが新年を迎え、PCの前に貼り付き状態になった今、やっと全更新のダウンロードが可能になったというわけです。

カーナビの更新には数時間が必要

 でも、これで済むわけではありません。データをダウンロードしたSDカードをサイバーナビにセットし、その後の更新時間がかなりかかるのです。夏の経験では確か4時間近くかかったような記憶があります。データ量にも寄ると思いますが、今回もそのぐらいかかるんでしょうか。

 6日からはCESに出掛けなければなりません。もしかしたら、更新途中で出掛けるハメになっちゃうかも(>_<)

サイバーナビのHUDはどこまで有効か?

風景にガイドが重なる考え方は斬新

Dsc09817

 時代の最先端を常に行くことを使命とするサイバーナビ。今年も話題沸騰の製品を投入してきましたね。ヘッドアップディスプレイ(HUD)そのものは決して新しいものではありませんが、ボクはその投影された鮮明さに驚きました。

 従来は液晶を使って投射していたんですが、これはレーザーを使っているんです。コントラストが高くて、明るい昼間であってもクッキリと見えます。ルートを描いて目的地へのガイドもしっかりと映し出し、さらにマップモードにして表示する地図だって読み取れるんです。

でも、ガイドされるルートは上空を蛇のようにウネウネと動くだけで、ガイドされている気がしないんです。シンプルに矢印だけにした方がよほどわかりやすい。これが残念ですね。ただ、すでにこの指摘はあちこちからされたようで、現在対策を考えているんだそうです。

それと仮想投影は3m先に設定してあるとのことですが、視点の切り替えはやはり必要でしたね。ボクの年齢が56歳ということで、身体的な問題もあるのかもしれませんが、上方向を見なければならないのも正直疲れます。ナビを見た方がずっと楽なんです。

大幅に良くなったサイバーナビ本体

Dsc09796_2


でも、サイバーナビ本体はかなり良くなりました。起動時間も明らかに早くなりましたし、なかでも一時的なエンジンOFFならすぐに再起動できるクィック起動はホント便利です。

ルート探索時間も速くなっていて(あくまで従来機比)、これも助かりますね。今まではシートベルトをゆっくりと装着してパーキングブレーキを下ろしても、まだルートが表示されない状態でしたが、ほぼこのぐらいのタイミングでルートが表示されるようになりました。

他の新機能もギミック的要素が強いですが、この辺りは次世代ナビへのきっかけを提案するものとしてサイバーナビの役割は十分果たしていると思います。やはりサイバーナビからは目が離せません。

_mg_1263

この夏はカーナビ大画面戦争が勃発!

純正並みに3年保証で販売したアルパイン

Img_2583

 この夏のカーナビは大画面競争が勃発しそうです。昨年まではアルパインが『BIG X』で大人気を呼びましたが、なかでも注目だったのはカー用品店での販売ではなく、カーディーラーを交えての販売が進んだことです。

 アルパインは車種ごとに専用キットを用意し、取り付けた状態は“純正並み”と呼んでいるほど。それだけにライン装着のナビが高価だった、とくにトヨタ系ディーラーでの展開が多かったようですね。しかも純正ナビ並みに3年保証を用意していたというから驚きです。

05_06_1

 そんな動きに待ったをかけるべく動いたのが、震災やタイ洪水の影響で発売が伸びのびになっていたパナソニックです。新たに「Lシリーズ」として8型モデルを用意。スゴイと思ったのは操作パネルまでを車種専用で用意していたことです。

 まだ日産セレナとホンダ・ステップワゴン用だけで、トヨタ車用がないのはやっぱりパナソニックがトヨタ純正としてOEMしているからなんでしょうか。とはいえ、今後、対応がこの2車種にとどまるとは思えません。必ずや人気車種への対応はしてくるでしょう。

今年は新たに9型サイズが主役に躍り出るか

Im15

 気付いた人も多いと思いますが、ホンダが販売店オプションのギャザズで9型サイズの超ビッグなカーナビをステップワゴン用として7月より発売します。「パナソニック製」となっていますが、これは「旧三洋」製のナビですね。ホンダは8型ナビを出していなかったと思いますが、いきなり9型とは驚きです。

 今年はこれで終わりません。これに続いて、この夏は大画面化を狙うメーカーが出てきそうな気配です。取材で8型クラスのナビばかりを見ていると、7型が妙に小さく感じちゃったりします。家庭用TVと同じく、一度大きな画面を見てしまうと後戻りは出来ないようですね。

Map Fan for iPhoneが“iPad対応”に!

ダウンロードはWi-Fiで

Img_0065 ローカルで動作することで重宝していたiPhone用アプリ「Map Fan for iPhone」。ボクはiPhoneを使っていませんが、このアプリ、iPod touchでも、Wi-Fiのアクセスポイントがあるところなら結構使えてしまうことがお気に入りでした。

 その後、iPadに買い換えたのですが、アプリはそのまま継承して使っていました。でも、iPadの大きい画面の中にiPhoneサイズで表示されるアプリはちょっと寂しい気がしていました。

 そんな矢先、このアプリがバージョンアップし、なぁんと!iPad対応を果たしたのです。

 しかも嬉しいことに、従来使っていた人はバージョンアップが無料! ボクの場合、年額で支払った期限はあと少ししか残っていませんが、確かな情報では「期限が切れても新たに料金を徴収するとはない」とのこと。つまり、1年が過ぎてもそのまま使えるようなのです。

iPad画面で地図がとても見やすい

 さて、バージョンアップですが、容量が大きいためにWi-Fiでないとできませんでした。Wi-Fiの環境下で行っても結構時間がかかりましたから、3Gでできないのは当然でしょうね。

 0005_3 0008_4 Img_0178

TVで紹介されたお店も探せるし、ルートが一覧で見られるのはとても便利。車線ガイドや方面案内標識、右左折の分岐もリストで表示されます

 で、ダウンロードが終了してスイッチオン!画面一杯に表示される地図がとってもきれい。地名もしっかり見えて、ルートの全体図も一覧できるのはiPadで使うメリットですね。分岐点で交差点拡大図が出ないのは今までと同じですが、音声案内とかもしっかりしていて、結構実用的です。地図データをダウンロードして使うタイプなので、電波の環境に左右されないのも便利です

 今はキャンペーンにつき900円でダウンロードできます。iPadユーザーの人にはとくにお勧めです!

スマホとPND、カーナビとして海外ではどっちがいい?

実用上は両者ともに互角の実力

Dsc06254

スマホでカーナビを使う人が増えていますが、これを海外で使ったらどうなるでしょう。今回、オーランドに行くにあたり、スマホはXperia acroでGoogleナビを、ポータブル型ナビはガーミンnuvi1480plusにアメリカ版地図データを加えて使ってみました。

Dsc06348カーナビとしては両者ともなかなかの実力でした。Googleナビは海外で使えば案内は英語になってしまうかと思いきや、きちんと日本で行いました。目的地を探すメニューも地名こそ英語で表記されますが、設定に関しては日本語。これはガーミンも同じでした。

目的地設定するまでの動きはガーミンの方が良かったですね。Googleナビは通信でデータを取得するため、結果を出すまでにどうしても時間がかかるのです。これは日本で使うのと一緒です。

交差点拡大図は両者ともありませんが、分岐点での進行方向もしっかりしてますし、ストリート名もきちんと反映されます。ルートを外れた時の再探索も行います。実用上はこれで十分でしょう。

ただ、ガーミンは車線ガイドも行いますし、道路ごとに制限速度の表示があるのは便利でした。道路表示のメリハリもガーミンの方が見やすいような気がしました。つまり、カーナビらしいガイドをしてくれるのです。

測位精度は両者ともにGPSだけで測位するだけですが、ここアメリカではこれで何の問題もありません。建物が建て込んでいない上に道路が広いため、測位をロストするようなことは一切ありませんでした。

費用で大きく異なる点に注意

両者の大きな違い、それは費用です。Googleナビをスマホで使うには、ドコモの場合、海外パケホーダイに入っておく必要があります。でないとローミングであるため、莫大な通信費がかかることになるからです。このプランに入っていて、一日(日本時間の0時~23時59分59秒まで)最大で2980円。海外では時差がありますから、その辺を注意して使う必要があります。

ガーミンはnuvi1480plusの価格が1万9800円でした。これにアメリカ版の地図が1万6800円。合計で3万6600円かかったことになります。ただし、こちらは使い10005時間に制限がありません。データについても今回探した対象地についてはGoogleナビに見劣りは感じませんでした。

これをベースに考えれば、カーナビとして12日間以上使うなら、ポータブル型ナビの方が割安になります。ただ、海外パケホーダイは一般のネット接続でも使う可能性があるわけで、その場合はスマホでGoogleナビを使った方がトクになるかも知れません。また、アメリカでは交通情報が受信できるのも魅力です。

個人的にはガーミンのサクサクとした動きが好きですが、このGoogleナビの交通情報はかなり魅力ですね。何せ、アメリカで交通情報は有料が基本ですから。このあたりが悩みどこになりそうです。

カーナビをより便利に使うスマホ用アプリ

スマホが最新情報をサポート

最近、カーナビを便利にするスマホ用アプリが続々と登場しています。カーナビを単独で使っていると、大半はローカルでの利用となり、最新情報には対応できないままとなってしまいます。そこで、スマホを連携させて最新情報に対応しようというわけです。今回はこの辺りに注目してみました。

●スマホで目的地検索し、カーナビに転送
<パナソニック「ストラーダ」Sシリーズ>
Ph03検索した地点情報をカーナビに転送し、そのまま目的地や経由地として設定できる。スマホのBluetooth機能を使うのがポイントで、目的地と経由地も別々に設定できるのも使いやすい。あらかじめ目的地を設定しておけるので出掛ける直前のカーナビ設定が簡単に済むし、カーナビに未収録の最新スポットにも対応できるのもメリットだ。アンドロイド専用。http://panasonic.jp/car/navi/products/S300/S300WD/navi/02.html#01

●ホンダ車ユーザーならカーナビ無しでもインターナビが使える
<インターナビリンク>
スマホやパソコン、携帯電話を使って、ほぼ純正カーナビと同様の機能が利用できるホンダ車ユーザー向けサービス。インターナビの充実したサービスを利用でき、スマホを使った助手席ナビにも対応。iPhoneだけでなく、この秋からはアンドロイドでも使えるようになった。
http://www.honda.co.jp/internavi/LINC/

●スマホとカーナビを連携させてドライブ中でも手軽にツィート
<イクリプス AVN-F01i>
Dsc02367

iPhoneとナビがリアルタイムでつながり、ドライブ中に見つけた様々な情報をツィッター経由で共有可能。スマホで受信したニュース情報をカーナビで見聞きしたり、広い駐車場でクルマを駐めた位置を自動的にメモリーしてガイドする機能も備える。
http://www.fujitsu-ten.co.jp/eclipse/product/navi/app/index.html

●充実した「G-BOOK」サービスをスマホでも利用できる
<スマートG-BOOK>
トヨタ車ユーザーでなくても、アプリをダウンロードし、GAZOOの会員になれば(無料)誰でも「G-BOOK」の充実サービスが利用できる。緊急時に役立つHELPNETをはじめ、最新のスポット情報検索、ドライブプランの作成も可能。G-BOOK対応カーナビと連携して、ルート上の渋滞予測も見られる。ナビ機能は有料のナビアプリ「G-BOOK全力案内」の購入が必要で、オペレータによる目的地検索サービスも利用できるようになる。アンドロイド 、iPhone両対応。
http://g-book.com/pc/smart_G-BOOK/default.asp

震災時に役立つナビゲーションって?

ポータブル型ナビならオフラインで使える

 今日、フジTVで「3.11 市民映像SP」という震災関連番組を放送してました。その中で「震災時にポータブル型ナビが役立つ」とありましたが、これにはちょっと追加説明がいるでしょうね。

Cnmc01l_main_2  自転車モードだけでなく歩行ナビモードも搭載したパナソニック「Gorilla」CN-MC01L

 ポータブル型ナビの良いところは、すでに地図データを収録していることです。通信がつながらない状態でも地図は表示できますし、ルート案内だってできます。使えるかどうかわからないけれど、コンビニや公衆トイレも探せます。その意味では持ち歩いていれば、いざという時に役立つかも知れません。

Dsc_0030 ここで問題となるのがバッテリーです。通常の使い方ならせいぜい3~4時間ぐらいしか持ちませんから。そこでオススメなのがUSB給電に対応している機種です(写真はパナソニック・CN-MC01L))。この機能があれば、携帯電話用充電器を変換ケーブル経由で対応できますし、スマートフォン(スマホ)をよく使う人なら、USB給電にも対応しているでしょうか、それを利用しましょう。フル充電はできないと思いますが、いざという時、役立つことは確かです。Dsc_0029

 それと歩行ナビに対応しているとなお便利でしょう。クルマ用ルートしか案内しないとなると、徒歩用としては遠回りで案内されることになるからです。ソニーのnav-uとか、パナソニックのGORILLAはその機能が搭載されていて、公園とか駅構内でも突っ切って案内します。徒歩で移動しなければならない時、この機能は必須となるはずです。

スマホ用ナビアプリは震災で役立つか?

 じゃ、スマホはどうなんでしょう。最近はナビアプリも数多く登場しており、なかには無料で使えるものもあります。ここで注意しなければいけないのは、スマホ用ナビアプリのほとんがオンラインで使うことを前提にしていることです。これだと通信に障害がある時は使えなくなります。たとえばナビアプリで人気の「Googleナビ」とか、「いつもNAVI」もダメとなります。その点でポータブル型ナビは都合がいいというわけです。

Img_0175 じゃ、オフラインで使えるナビアプリはないのか、といえば少ないけれどあることはあります。iPhone用なら「MapFan for iPhone」、アンドロイド用なら「RoadQuest for Andoroid」です。ダウンロード価格は、「MapFan for iPhone」は1年間の利用期Mapfan02限で価格は2300円。何とか手が届く値段です。これに対して「RoadQuest for Andoroid」は利用期限なしとは言え、7800円もします。

 それに両者ともクルマで使うのが前提となっているようで、たとえば「MapFan for iPhone」の場合でも駅構内と突っ切って案内するようなことはしてくれません。写真は品川駅での状況ですが、クルマのルートと同じように遠回りしています。この辺りはポータブル型ナビの方が使い勝手はいいですね。

 こうなると、バッテリーもいらず詳細な情報がわかるポケット版都市地図を持ち歩いた方が便利ってことになっちゃいますかね。

パナソニックから自転車でも使える「ゴリラ」

画面サイズは見やすさ重視の4.3型

Dsc05322

最近の自転車人気の高まりを受けて、ソニーに続き、パナソニックも自転車でも使えるポータブルナビを発表しました。名付けて“自転車でも使える『ゴリラ』”。何ともストレートなキャッチフレーズですが、その内容はなかなか魅力的でした。

Dsc05324画面サイズは4.3型でソニーのよりも二回りほど大きく、そのため見やすさだけでなく操作も使いやすくなっていました。サイクルコンピュータ機能もあるし、IPX5相当の防滴性能もあります。さらにソニー機では別売だった自転車用クレードルは標準で付属していました。これはいいですね。

右左折は専用モードでわかりやすい

Dsc05346ルート案内中は右左折を大型の矢印を表示し、音声やアラームでも知らせてくれます。さらに自転車モードでは、周辺検索で自転車での利用に適した項目の表示が優先されるようにもなります。内蔵メモリは8GBで、市街地図表示や住所や電話番号によるピンポイント検索も可能です。

バッテリーは通常利用で最大4時間程度。1分間何もしないと画面がOFFになる「省電力1」で最大4時間20分、10秒何もしないと画面OFFになる「省電力2」では最大15時間まで持つそうです。また、USB端子で外部給電にも対応していました。

ただ、自転車モードでは交通規制は考慮されずルート案内されます。サイクリングロードも未収録でした。この辺り惜しい感じはしますね。

パナソニックがワイド2DINのエントリーナビを発表

エントリークラスで200mmサイズ

Ph09

 200mm幅のカーナビってトヨタやダイハツなどの純正品だけだと思っていましたが、これからは市販ナビでもラインナップに揃えることが当たり前になりそうです。最初に該当モデルを発売したのはクラリオンで、昨年のことです。それから1年。今年になってパナソニックがCN-H500WDとして発売し、今度はエントリーナビ『ストラーダSシリーズ』にも同様機を追加しました。

 本体を200mm幅にすると幅が広がって、そのスペースを操作スイッチの大型化に使うことができます。逆に、180mm幅のサイズだと200mm幅のスペースを用意しているトヨタ車などでは左右のスペースが空くことになります。その意味で、200mm幅のスペースを用意する車種にとっては良いことずくめのサイズとなるわけです。

アンドロイドアプリで簡単検索

 さて、今回登場した『ストラーダSシリーズ』、注目は新たにアンドロイド系スマートフォンとの連携に対応して使い勝手を高めたことです。専用アプリ「ここいこ」を使って見つけた目的地や立寄り地の位置情報をBluetoothを使って送信するだけでルート探索が実行されるんですね。今までは出掛ける前の僅かな時間に設定するしかありませんでした。このアプリを使えば出掛ける前に家族みんなで行き先を設定することができるってわけです。

        Ph03Ph05

 設定できるのは目的地以外に5箇所の経由地。スマートフォンで探し出した地点を目的地か経由地かを選んで送信するだけ。通信はBluetoothで行い、設定も最新バージョンに対応して簡単です。3年間の地図更新無料サービスに対応しているのもいいですね。3Dジャイロや4チューナー×4アンテナにも対応し、さらにモニターは高解像度なVGA。価格は若干高めの15万円前後になるということですが、実際はもう少し安くなりそうな感じです。

こんなにも高スペックで楽しいナビが、こんなにも身近な価格で買える。そんな時代になったんです。

より以前の記事一覧

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ