« 2014年7月 シンガポール旅行【番外編】トイレの話 | トップページ

初めてのIAA。身の回りではいろいろなアクシデントがありました

久しぶりの書き込みです。これから少しずつ復活させていきたいと思ってます。

P9150358

 9月14日から初めてのフランクフルトモーターショー(IAA))2015へ出掛けてきました。その大掛かりな規模に圧倒されっぱなしでしたが、旅でのアクシデントは付きもの、とばかりに今回もそれなりにアクシデントはありました。

置き忘れたiPhoneが戻って来た!

 一つはトイレ内に忘れたiPhoneがきちんと手許に戻って来たことです。帰国する日もIAA入りしたのですが、そこでiPhoneを忘れたのを電車に乗ってから気付いたのです。慌てて戻ってトイレを探しましたが、既に1時間以上が経っており、そこにはありませんでした。セキュリティに訊ねると清掃係に連絡をしてくれ、一人の方が預かってくれていることを確認。戻ってくるまでに少し時間はかかりましたが、きちんと戻ってくるあたりはドイツの良さなのでしょうか。

カバンから薬物反応!

 もう一つはバッドな話。実は泊まったホテルはフランクフルト中央駅から歩いても5分程度の場所にあり、会場までも15分ほど歩けば到着できます。しかも通常時の3~4倍はする宿泊代が一泊8900円と格安!部屋は古さを感じさせたものの、十分に清潔で納得がいく内容でした。ところが!トラブルは発生しました。なんと最終日に預けた荷物から薬物反応が出てしまったのです。

P9161113
泊まったホテル


 荷物を受け取る時、既にカウンターの中から外に出されていたので少々不安はあったのですが、中身をチェックして無くなっているものもないし、その時は問題なしと思って空港へ向かいました。ところがセキュリティ検査でカバンから薬物反応!ポリスの対応待ちという実に面倒な事態に陥ったのです。

 聞けば反応があったのはカバンのグリップ部分が中心。もちろん自分自身は身に覚えがないわけで、容易に推察できるのはカバンをホテルに預けた時。この時に何らかの形で薬物中毒者がカバンに関わったではないか、と考えたのです。実はフランクフルト中央駅前には風俗街が立ち並び、その周辺ではドラッグ中毒者があちこちに見受けられます。注射を打っているのを目撃したこともありました。そんな場所であっても、地の利を優先して選んだホテルでしたが、とんだオチでフランクフルトの締めくくりとなったわけです。

P1000350
一見、雰囲気は良さそうですが・・

P1000347
あちこちにこのような看板のお店が建ち並び・・

ホテルに荷物を預けるにも注意は必要!

 最終的には別の持ち物を再検査し、そちらからは何の反応も出なかったため無罪放免となりました。しかし、セキュリティで約30分ほど足止めされ、ポリスにもいろいろと聞かれたりと、かなり不安な時間を過ごすことになりました。「薬物をカバンの中に入れられなくて良かった」のはまさに不幸中の幸い。次回からは荷物を預けるにもホテルの状況をよく見て判断し、そもそもホテルの予約も場所柄をよく見て選ぼうと思います。

« 2014年7月 シンガポール旅行【番外編】トイレの話 | トップページ

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517348/62321273

この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのIAA。身の回りではいろいろなアクシデントがありました:

« 2014年7月 シンガポール旅行【番外編】トイレの話 | トップページ

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ