« 2013年9月 | トップページ | 2015年9月 »

2014年7月

2014年7月 シンガポール旅行【番外編】トイレの話

東南アジアで見かける、トイレ横のホースって?

 東南アジアに出掛けてトイレに入り、最初に「?」と思うのが、トイレ横にあるホースです。最初は清掃用にあるのかと思っていたら、実はこれお尻を洗うためのものなんですね。東南アジアでは少し前までトイレットペーパーが置かれておらず、用を済ました後はホースから水を出して洗うのみ。その後は「濡れたままでも暑いのですぐに乾く」とのことだったそうです。まさに東南アジアは“シャワートイレ先進国”だったわけです。

  Dsc00482 Dsc00483

 さすがに今はどこへ行ってもトイレットペーパーが備わっており、仮にこのホースを使った後でも濡れた部分を拭くことができます。問題はこのホースの使い方です。これがとても難しい。ホースの先端から出す水圧の調整がなかなか丁度良くいかないんです。強く出し過ぎれば衣服まで濡らすことになるし、弱過ぎると洗うのが困難になる。少なくともこれを使った後は便器の周りがビショビショになることは覚悟しなきゃならないですね。

マラッカで簡易型シャワートイレを発見!

そんな中、先日マレーシアのマラッカへ出掛けた際、先進のシステムを発見しました。まさか、マラッカでそんなものに出会うとは・・。さすが世界遺産の街マラッカです。

 そのシステムはハードロックカフェ(写真:一番下)にありました。トイレ内はやや暗めの照明だったため、最初はその存在に気付きませんでしたが、立ち上がって横を見ると何やらダイヤルらしきものを発見! 見れば便座カバーの裏側にはその使い方が書いてあります。つまり、これはダイヤルによって水圧を調整する「簡易型シャワートイレ」なのでした。

  P7120230_2 P7120232

 正式名は『eco-washer』。日本のTOTO製なので、“ウォシュレット”と呼ぶのかとも思いましたが、さすがにそうではありませんでした。そこで再び便座の上に座り直し、これを体験してみました。するとダイヤルを回すほどに水圧が強くなり、出てくるのは“冷水”のみですが、環境が暑い地域なので却ってこれが心地良くも感じます。使い心地はほとんど温水のないウォシュレット感覚でした。何よりも周りがビショビショにならないのが良かったですね。

 日本ではスーパーやホームセンターにまでシャワートイレが設置されるのが当たり前のようになっていますが、海外に出掛けるとさすがにそれはありません。マレーシアはもともとが中華系が多いこともあり、この日入った中華料理店は創業が100年以上も前という老舗店で、トイレもそれに相応しい和式型の“金隠し”がないタイプ。しかもトイレットペーパーは備えず、あるのはホースのみという伝統的なものでした。

 ハードロックカフェでの発見はそんな中での出来事でした。良い意味で日本のトイレ文化が普及していくといいな、と思った次第です。

P7120234

2014年7月 シンガポール旅行【その1】

 今月は妻が誕生日を迎えます。日頃より私の両親の面倒を見てもらっている私としては何らかの形で返そうと思い立ち、今回のシンガポール旅行となりました。

Hyoshi

 振り返れば昨年は板門店やチェジュ島など、普段はなかなか出掛けられない韓国に出掛け、思い出深い旅となりました。今回はどうすればいいかと思案したところ、シンガポール在住のN氏がマレーシアのマラッカまで連れて行ってくれることになり、それに甘えることとしました。マラッカに行くには国境越えもしなければならず、妻にそれを話すと「ぜひ陸路での国境越えを体験したい」との返事。これで決まりました。

P7100024_2P7110052Img_1265


 ついでに往復のフライトはビジネスクラスを奢りました。シンガポールまでの約7時間のフライトは、普段ならエコノミーとビジネスクラスとで迷うところですが、“恩返し”の意味もある今回の旅だけに、迷うことなくビジネスクラスをチョイス。帰りは深夜便ではありましたが、おかげでぐっすりと眠れました。

 また、今回はのフライト中には思いがけずキャビンアテンダントから妻へささやかな誕生日プレゼントをいただきました。こんな気遣いがあるのは日系キャリアならではですよね。

P14

 妻はシンガポールが初めてです。よって有名ドコは一通り出掛けることとしました。最初に出掛けたのはマリーナベイサンズ。3つのビルが船を支えるように広がっている、あまりに有名な建物ですね。水が流れ落ちるプールは残念ながら宿泊者だけの特権なので、今回は見学だけ。でもね、展望台に上がるのに大人は20ドルもするんですよ。

P52P53_2

 そこで裏技を駆使することに。エレベータ入口にいるコンシェルジェのお姉さんに「KU DE TAへ行く」と告げると、そのままエレベータへと通してくれます。一番上まで上がると、そこにはシンガポールを一望できる絶景が待っていました。KU DE TAはクラブとなっていて、ここで飲み物でも頼めばOK。この絶景を見ながらビールで乾杯して参りました。

P71

 マリーナベイサンズの次は、隣の植物園「ガーデン・バイ・ザ・ベイ」 へ。壮大なスケールの新しい植物園で、まるでSF映画のような、高度な技術を駆使したアトラクションが自慢です。ただ、あまりに広いことに加え、とにかく暑い! シンボルツリーにかかる高さ22mの「スカイウェイ」を渡ったりしているうちに暑さでヘロヘロ状態になってしまいました。

P73P7110041

 そこで入って良かったと思ったのが、、「フラワー・ドーム」と「クラウド・フォレスト」の巨大ドーム。植物園なんで「中は蒸し暑いんじゃないか」と思ってましたが、どっこいメッチャ涼しかった。二つのドーム共通で28ドルかかりますが、ここは入るべき。いろんなエリアの植物が展開されていて、見ていて飽きない。加えて、クラウド・フォレストにある人工の山は滝が上から落ちる壮大な仕掛け。これを見るだけでも価値はあると思います。

P78

P91

 で、この日歩いたのは万歩計を見てビックリ!何と2万6000歩を超えてました!後にも先にもおそらくこんなに歩く日はないと思います。

P77P96P92_2






« 2013年9月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ