« 夏に向け、防水型ビデオカメラのお気に入り | トップページ | 成田空港で海外エアライン三昧 »

スカイマークがマイレージ導入!スカイチーム加入の布石?

マイレージ制度を導入する理由は?

Dsc03085

スカイマークが14年1月よりマイレージ制度を導入するという記事を見つけました(http://www.aviationwire.jp/archives/22191)。今までスカイマークはマイレージ制度に対して、批判的な立場だったように記憶しています。それが一転、マイレージを導入するようになったのは何故なんでしょうか。

 記事から推察すると、14年3月にもエアバスA330-300型機の投入、その夏にはA380による国際線参入がきっかけのようです。単発で搭乗するユーザーならマイレージよりも料金を重視すると思いますが、繰り返し搭乗するユーザーにとってマイレージはやはり大きな魅力です。

 スカイマークは価格で勝負するエアラインとしてスタートしましたが、ここへ来てLCCの激しい価格攻勢に遭い状況はかなり厳しくなっていると聞きます。こうなると価格で真っ向勝負するよりもリピーター客を確保して搭乗に結びつける方が得策。それにはマイレージ制度は欠かせないと判断したのではないでしょうか。

 ここで気になるのはその制度です。報道では「サービス形態は未定」「JAL/ANAとは違うものにする」とのことですが、これも単独で運営する形だと使いやすさの上でメリットはあまり感じられません。利用方法が限られてしまうからです。

そこで私が思うのはスカイチームへの加入です。

 実はスカイマークにはマイレージ制度はありませんでしたが、マイレージを使ってスカイマークの国内線を利用することはできます。デルタ航空のスカイマイル提携クレジットカードの本会員でメダリオン会員であれば、スカイマークの国内線で特典航空券を申し込めるのです。
Dsc02351

 一方で、これはスカイマークに限りませんが、国内線を搭乗すると1フライトにつき500マイルがスカイマイルに貯められる(通常会員は10フライトまで、メダリオン会員は40フライトまで)制度も用意しています。つまり、スカイマークを乗ってもスカイマイルにマイレージを貯めることはできていたんです。

 国際線に参入するとなれば、海外展開するにあたっての強力も欠かせません。となればやはりアライアンスを組んだ方が得策であることは明らかです。スカイチームにしてみれば、JALの取り込みに失敗して以降、日本のエアラインとの関係があるのはスカイマークだけ。これはスカイマークがスカイチームへいつ加入しても不思議ではない。そう思うのは私だけでしょうか。

 互いに名称も「スカイ・・」を名乗っているだけに語呂合わせもイイと思うのですが・・。

« 夏に向け、防水型ビデオカメラのお気に入り | トップページ | 成田空港で海外エアライン三昧 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517348/57632115

この記事へのトラックバック一覧です: スカイマークがマイレージ導入!スカイチーム加入の布石?:

« 夏に向け、防水型ビデオカメラのお気に入り | トップページ | 成田空港で海外エアライン三昧 »

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ