« 2013年4月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

スカイマークがマイレージ導入!スカイチーム加入の布石?

マイレージ制度を導入する理由は?

Dsc03085

スカイマークが14年1月よりマイレージ制度を導入するという記事を見つけました(http://www.aviationwire.jp/archives/22191)。今までスカイマークはマイレージ制度に対して、批判的な立場だったように記憶しています。それが一転、マイレージを導入するようになったのは何故なんでしょうか。

 記事から推察すると、14年3月にもエアバスA330-300型機の投入、その夏にはA380による国際線参入がきっかけのようです。単発で搭乗するユーザーならマイレージよりも料金を重視すると思いますが、繰り返し搭乗するユーザーにとってマイレージはやはり大きな魅力です。

 スカイマークは価格で勝負するエアラインとしてスタートしましたが、ここへ来てLCCの激しい価格攻勢に遭い状況はかなり厳しくなっていると聞きます。こうなると価格で真っ向勝負するよりもリピーター客を確保して搭乗に結びつける方が得策。それにはマイレージ制度は欠かせないと判断したのではないでしょうか。

 ここで気になるのはその制度です。報道では「サービス形態は未定」「JAL/ANAとは違うものにする」とのことですが、これも単独で運営する形だと使いやすさの上でメリットはあまり感じられません。利用方法が限られてしまうからです。

そこで私が思うのはスカイチームへの加入です。

 実はスカイマークにはマイレージ制度はありませんでしたが、マイレージを使ってスカイマークの国内線を利用することはできます。デルタ航空のスカイマイル提携クレジットカードの本会員でメダリオン会員であれば、スカイマークの国内線で特典航空券を申し込めるのです。
Dsc02351

 一方で、これはスカイマークに限りませんが、国内線を搭乗すると1フライトにつき500マイルがスカイマイルに貯められる(通常会員は10フライトまで、メダリオン会員は40フライトまで)制度も用意しています。つまり、スカイマークを乗ってもスカイマイルにマイレージを貯めることはできていたんです。

 国際線に参入するとなれば、海外展開するにあたっての強力も欠かせません。となればやはりアライアンスを組んだ方が得策であることは明らかです。スカイチームにしてみれば、JALの取り込みに失敗して以降、日本のエアラインとの関係があるのはスカイマークだけ。これはスカイマークがスカイチームへいつ加入しても不思議ではない。そう思うのは私だけでしょうか。

 互いに名称も「スカイ・・」を名乗っているだけに語呂合わせもイイと思うのですが・・。

夏に向け、防水型ビデオカメラのお気に入り

使い勝手、デザイン共に一押しの「GW66V」

 すっかりご無沙汰してしまったブログ、久しぶりに書き込みます。今日の話題はビデオカメラ。ソニーから間もなく発売されるタテ型モデル・HDR-GW66Vです。のべ2週間ほど使い倒しましたが、使えば使うほどに欲しくなってきました。

Dsc02784


 昨年登場したHDR-GW77Vの後継モデルで、何がイイって使い勝手がものすごくイイ。前モデル・GW77Vは防水機能付タテ型モデルとしてコンセプトは良かったものの、スイッチの配置が悪くて指が届きにくい上に操作が硬いと来た。だから、操作する度に画面が揺れてしまうんですね。モニターを開いて本体を置くと倒れてしまうのも×でした。その問題点がGW66Dsc02787_2Vはすべて解決されていたんです。

 録画のON/OFF、ズーム操作、そして静止画のシャッターボタンもすべて親指でスムーズに操作でき、とくにロータリー式になっているズーム操作の動きは秀逸。微妙なズームスピードの調節も容易です。モニターが小さい分、表示が小さく感じますが、使いにくいと言うほどでもない。Dsc02785_2

 そして、モニターを開いたときに本体が倒れないようスタンドが加えられたのも◎です。これらの改良が加えられ、すっかりお気に入りのカメラになったというわけです。

久しぶりに買ってみたくなったビデオカメラ

    Main1_gwp88v_bk      Main1_gw66v_l_edited1
 今回は同時にプロジェクター機能付きのHDR-GWP88V(写真左上)も発売されます。どちらを選ぶか迷うところですが、私はGW66Vを押します。何故か。GWP88Vはプロジェクター機能が備わる分、モニター部分に厚みが出てしまって、どことなく野暮ったい。これは収納や携帯でも明らかにも不利です。加えて、GWP88Vはブラックのみですが、GW66V(写真右Dsc02800上)はホワイトとブルーを用意して見た目にもなかなか洒落ています。

 一方、GW66Vにはメモリーが内蔵されていません(写真左・右端のスロットにマイクロSDを入れて撮影します)。でも、今や16GBのマイクロSDHCカードなんて2000~3000円も出せば動画対応カードが買える時代。16GBメモリー内蔵のGWP88Vは実売価格が6万円でGW66Vは4万5000円。この価格差をプロジェクター代と考えるならいいですが、使わない人にとってはこの価格差はちょっと大きいと思います。

Dsc03561

 手にしてみるとGW66Vは持ち歩くにもピッタリのサイズだし、普段使いには丁度良いことを実感しています。発売は6月21日。どうしようかと久しぶりに悩んでいます。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年7月 »

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ