« 2013年1月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

次なるウォークマン、生産終了となっている「Aタイプ」をGet!

音の良さと携帯性を重視して「A」を探す

Dsc01047  2年ほどウォークマンにNW-A856を使ってきました。しかし、先日あるトラブルに巻き込まれ、破損してしまいました。音質面でも、ノイズキャンセル機能でも満足していただけに、これにはガックリと来ました。

 しかも、今や「Aシリーズ」は生産終了済み。後継機種となるのはアンドロイド型の「Fシリーズ」となってしまうのです。すでにスマホを2台持ちしているのに、さらにアンドロイドを持ってどうする? そう思っている人、多いですよね?

 なんとか「A」を手に入れたい・・。そう思って数週間。実はある方から「ソニーストアでひっそりと売っている」との情報を得ていました。そこで、今夜にでもネットでポチッとしてしまおうと決めていたんです。そんな矢先、買い物ついでに近所の家電量販店へ立ち寄ると、あるじゃないですか「A」が・・。

64GBでも価格は思いっきり安かった

Dscf0159

 ただし容量は64GBのみ。ホントは32GBでイイと思っていましたが、店員に相談すると「思いっきり値引きしますよ」と言われ、価格交渉。すると、ちょっとここでは言えない破格の価格が提示され、3年保証も加入してついに手に入れました。

 これで長時間のフライトでも外部入力で機内エンタテイメントがノイズキャンセルで楽しめます。良かった,良かった・・。

一眼レフ? いやいやこれは立派なコンデジです

光学42倍ズームを搭載したコンデジ

 一台で何でもこなせるカメラを探しているとき、目に止まったのが富士フィルムのHS50EXRでした。見かけはほとんど一眼レフ。だけど、ズームレンズを一体化しているので、まぁコンデジの仲間であることは間違いないですね。Pic_additional_04

 このカメラ、センサーサイズはコンデジとしては少し大きめの1/2型で、レンズは何と光学42倍ズーム機能を組み合わせます。F値は2.8~5.6と、このズーム比を考えればなかなかのスペック。しかも広角端は24mm相当なので、使いやすさも抜群です。

 使ってみるとレスポンスも良好で、小気味良くサクサクと撮影ができます。暗いところでもインテリジェント手ブレ防止機能が動作し、しかも複数の画像を重ねることでノイズもキレイに取り去ってくれます。ま、色合いがかなりハデ目に出るあたりはやはりコンデジであることの現実を感じますがね。

 モニターはかなり輝度が高く、明るい屋外でも内容確認は容易です。ただ、アイセンサーによるEVFへの切り替えは若干ラグを感じます。もっとスムーズな切り替えが欲しいですね。

大抵の取材はこれ一台でこなせそう

 とはいえ、取材とする上で便利なのがコンデジならではのセンサーサイズです。実はAPS-Cやフルサイズとなれば、背景を簡単にぼかすことができるんですが、商品をアップで撮影するとこれが却って邪魔になってしまうんです。HS50EXRは一眼レフほどセンサーサイズが大きくないので、被写界深度が深くとれます。被写体をアップにしてもさほど後ろまでしっかりとフォーカスしてくれるんですね。

 そこで、今月24日から出掛けるバンコクモーターショーはこれで撮影してきたいと思います。

 以下はHS50EXRで撮影したカットです。

    Dscf0100 Dscf0117

    Dscf0094 Dscf0091

    Dscf0137 Dscf0150

« 2013年1月 | トップページ | 2013年4月 »

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ