« スカイマーク、ボクはますます嫌いになった | トップページ | 迷子になった父を助け出したストリートビュー »

サイバーナビのHUDはどこまで有効か?

風景にガイドが重なる考え方は斬新

Dsc09817

 時代の最先端を常に行くことを使命とするサイバーナビ。今年も話題沸騰の製品を投入してきましたね。ヘッドアップディスプレイ(HUD)そのものは決して新しいものではありませんが、ボクはその投影された鮮明さに驚きました。

 従来は液晶を使って投射していたんですが、これはレーザーを使っているんです。コントラストが高くて、明るい昼間であってもクッキリと見えます。ルートを描いて目的地へのガイドもしっかりと映し出し、さらにマップモードにして表示する地図だって読み取れるんです。

でも、ガイドされるルートは上空を蛇のようにウネウネと動くだけで、ガイドされている気がしないんです。シンプルに矢印だけにした方がよほどわかりやすい。これが残念ですね。ただ、すでにこの指摘はあちこちからされたようで、現在対策を考えているんだそうです。

それと仮想投影は3m先に設定してあるとのことですが、視点の切り替えはやはり必要でしたね。ボクの年齢が56歳ということで、身体的な問題もあるのかもしれませんが、上方向を見なければならないのも正直疲れます。ナビを見た方がずっと楽なんです。

大幅に良くなったサイバーナビ本体

Dsc09796_2


でも、サイバーナビ本体はかなり良くなりました。起動時間も明らかに早くなりましたし、なかでも一時的なエンジンOFFならすぐに再起動できるクィック起動はホント便利です。

ルート探索時間も速くなっていて(あくまで従来機比)、これも助かりますね。今まではシートベルトをゆっくりと装着してパーキングブレーキを下ろしても、まだルートが表示されない状態でしたが、ほぼこのぐらいのタイミングでルートが表示されるようになりました。

他の新機能もギミック的要素が強いですが、この辺りは次世代ナビへのきっかけを提案するものとしてサイバーナビの役割は十分果たしていると思います。やはりサイバーナビからは目が離せません。

_mg_1263

« スカイマーク、ボクはますます嫌いになった | トップページ | 迷子になった父を助け出したストリートビュー »

カーナビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517348/54856820

この記事へのトラックバック一覧です: サイバーナビのHUDはどこまで有効か?:

« スカイマーク、ボクはますます嫌いになった | トップページ | 迷子になった父を助け出したストリートビュー »

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ