« 「4K」対応ビデオカメラへの期待 | トップページ | 北京空港のJAL共用ラウンジが快適でした »

この夏はカーナビ大画面戦争が勃発!

純正並みに3年保証で販売したアルパイン

Img_2583

 この夏のカーナビは大画面競争が勃発しそうです。昨年まではアルパインが『BIG X』で大人気を呼びましたが、なかでも注目だったのはカー用品店での販売ではなく、カーディーラーを交えての販売が進んだことです。

 アルパインは車種ごとに専用キットを用意し、取り付けた状態は“純正並み”と呼んでいるほど。それだけにライン装着のナビが高価だった、とくにトヨタ系ディーラーでの展開が多かったようですね。しかも純正ナビ並みに3年保証を用意していたというから驚きです。

05_06_1

 そんな動きに待ったをかけるべく動いたのが、震災やタイ洪水の影響で発売が伸びのびになっていたパナソニックです。新たに「Lシリーズ」として8型モデルを用意。スゴイと思ったのは操作パネルまでを車種専用で用意していたことです。

 まだ日産セレナとホンダ・ステップワゴン用だけで、トヨタ車用がないのはやっぱりパナソニックがトヨタ純正としてOEMしているからなんでしょうか。とはいえ、今後、対応がこの2車種にとどまるとは思えません。必ずや人気車種への対応はしてくるでしょう。

今年は新たに9型サイズが主役に躍り出るか

Im15

 気付いた人も多いと思いますが、ホンダが販売店オプションのギャザズで9型サイズの超ビッグなカーナビをステップワゴン用として7月より発売します。「パナソニック製」となっていますが、これは「旧三洋」製のナビですね。ホンダは8型ナビを出していなかったと思いますが、いきなり9型とは驚きです。

 今年はこれで終わりません。これに続いて、この夏は大画面化を狙うメーカーが出てきそうな気配です。取材で8型クラスのナビばかりを見ていると、7型が妙に小さく感じちゃったりします。家庭用TVと同じく、一度大きな画面を見てしまうと後戻りは出来ないようですね。

« 「4K」対応ビデオカメラへの期待 | トップページ | 北京空港のJAL共用ラウンジが快適でした »

カーナビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517348/54651216

この記事へのトラックバック一覧です: この夏はカーナビ大画面戦争が勃発!:

« 「4K」対応ビデオカメラへの期待 | トップページ | 北京空港のJAL共用ラウンジが快適でした »

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ