« ミラーレスの新デジタル一眼、パナソニックから | トップページ | 大人気のゴリラにニューモデル登場 »

開港したばかりの茨城空港に行ってきました

フライトがなくても空港は見学者でいっぱい

Imgp0203_2

 首都圏第三の空港として開港したものの、定期便の就航はソウル・インチョン空港へのアシアナ航空だけ。そんなお寒い状況でのスタートとなった茨城空港へ行ってきました。到Imgp0230 着したImgp0211_2 時刻はすでに午後3時を回っており、午後1時ちょうど発のインチョン行きのフライト時刻には間に合わず。

 でも、着いてみて驚きました。駐車場の7割ぐらいは見学者の来場で埋まっていたんです。すごいですねぇ。3連休の初日ということで、駐車場は北関東3県からのナンバーが目立ち、東京や千葉のナンバーもチラホラ。結構、北関東の人たちにとっては期待の空港だったんではないでしょうか。

 実は北関東の人にとって、羽田や成田に行くのは結構な時間がかかります。以前、茨城に住んでいたときは羽田に行くのがどうにも億劫で嫌でした。東京都内を横断しなきゃいけないですからね。むしろ、駐車場が無料だった福島空港を使おうかと何度も考えたほどです。

空港までのルートが結構わかりにくい

 そんな状況でしたから、同じような考えを持っている人は結構存在するではないでしょうか。確かに就航数が少ない現状では「無駄な空港」に見えます。しかし、仮にある一定の就航があれば、北関東の人にとっては「便利な空港」になり得るのです。海外の例を見てもニューヨークの周辺にも多くの空港があって、上手に分けあって利用しています。茨城空港も同じような使い方はできるはずなのです。

Imgp0200  ただ、今回行ってみて[残念に思ったのは空港までのルートがきわめて不案内であったことです。最寄りの鉄道の駅からのアクセスが悪いことから、駐車場を無料にしたまではよかったのですが、空港までを案内する標識があまりに少ない。ちょっと見落とすと、もうわからなくなってしまうのです。最寄りの高速道路からのルートも「本当に空港へ行く道路なの?」と家族から不安がる声が出るほど。

 まぁ、利用者が増えてくれば少しは改善されるのかもしれませんが、最初の訪れた時の印象って大事ですから、この辺はもっと気遣いが必要ですよね。とくに、潮来ICから向かうときがわかりにくい。今の段階だとカーナビにも茨城空港は収録されていないだけに、この辺は早急な改善が必要でしょう。

Imgp0223_2

↑これ、レンズのボケじゃありません。左側にある航空自衛隊の様子が見えにくくなるよう、向かって左側だけスモークがかかるんです

 来月中旬には、国内線としてスカイマークが神戸路線を茨城空港に定期就航させます。しかも21日前までに予約すれば5800円で神戸まで行けるんです。これはバスよりも安い! この辺りが足がかりとなって「便利な空港」になって欲しいものです。

Imgp0225←この日はすでにフライトがない時間にもかかわらず、展望台には続々と来場者が訪れる

« ミラーレスの新デジタル一眼、パナソニックから | トップページ | 大人気のゴリラにニューモデル登場 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

神戸便5800円は新幹線の1/3、深夜バスの1/2。甲子園の応援もこれに乗りたいですね。

コメント、ありがとうございます。確かに甲子園へ応援に行くのにはピッタリですよね。でも、5800円なのは21日前までの予約です。この時点で甲子園応援の予約日を特定するのは難しいでしょうね。いっそ、チャーター便を飛ばしてもらった方が安かったりして・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517348/47867491

この記事へのトラックバック一覧です: 開港したばかりの茨城空港に行ってきました:

« ミラーレスの新デジタル一眼、パナソニックから | トップページ | 大人気のゴリラにニューモデル登場 »

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ