« JALがデルタ航空と資本提携話にビックリ! | トップページ | 伊能忠敬ゆかりの佐原に行ってきました »

パナの車載BDプレーヤー、視聴してきました

美しい!WXGAモニターとの組み合わせ

P1000190

ついにパナソニックから登場したカーAV初のブルーレイ(BD)プレーヤー。さっそく視聴してきました。P1000159

率直な感想は、DVDとは画質が明らかに違っていたことです。まぁ、BDプレーヤーの価格が10万円近くもするのにはちょっと引いてしまいますが、実力は想像以上でした。普通、画素数が増えれば透過率が下がって、画面が暗くなったり視野角が狭くなったりするもんです。ところが、組み合わせた新型FクラスのWXGAモニターはそんなことを一切感じさせなかったんです。

 精細感も違いました。細部を緻密に表現していて、宮殿の複雑な彫刻も全景映像からしっかりと見ることができたのです。P1000147 7型サイズでそこまで見られたの驚き。このサイズでもハイビジョン映像としての情報量をしっかりと感じる取ることができたのです。DVDの時だったら、映像をシャープに見せるために輪郭を強調したりしていました。でも、それがかえって不自然な映像にしてしまったりしたんです。それがないだけに立体感も感じられるし、色彩感も伝わってくる。画面が7型なので“箱庭”的ではあるんだけれど、その“箱庭”がとても素晴らしく美しいと思えたんです。

歌手の表情から伝わってきた臨場感

P1000598_4 また、 ジェーン・モンハイトのライブも再生してみましたが、彼女のフクヨカさの中にも妖艶な表情が見事に伝わってきていました。歌いながら時折、顔を歪める仕草なんかちょっとゾクってきちゃいましたね。

 加えて音が良かった。パナソニックでは前のFクラスで使っていたのと同じシステム、って言っていたけれど明らかに違う。やはりBDの容量がもたらしたものなんでしょうね。BDは音の領域にDVDを上回る音声フォーマットに対応していますからね。画面サイズが小さくてもここまでAVが車で楽しめるようになったのはうれしい限りです。また、BDのライブソフトを買いたくなっちゃいました。

« JALがデルタ航空と資本提携話にビックリ! | トップページ | 伊能忠敬ゆかりの佐原に行ってきました »

オーディオ&ビジュアル」カテゴリの記事

コメント

車載用BDプレーヤの記事楽しく読ませて頂きました。
それでどうしても車内でBDの美しい映像が見たくなり、実物も見ずにネット購入しちゃいました。
やはりBDハイビジョンはキレイでとても満足しています。
現在はナビの必要性はないので、カロッツェリアの9インチWXGAモニターで見ています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517348/46230529

この記事へのトラックバック一覧です: パナの車載BDプレーヤー、視聴してきました:

« JALがデルタ航空と資本提携話にビックリ! | トップページ | 伊能忠敬ゆかりの佐原に行ってきました »

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ