« 新型サイバーナビで会津若松へドライブ | トップページ | 初めてのバンコク訪問記④ »

家族に大好評!「中継局サーチ」

山間部が多い福島県。地デジがメリットを発揮

P1080223  先日、会津若松へ行ったときに家族から大好評だったのが、地デジの「中継局サーチ」です。

 この機能は、視聴中の番組を受信エリアが変わっても、受信できる中継局を自動サーチして受信し続けるというものです。最近はこの機能を搭載するカーナビが増えていますが、新型サイバーナビももちろん搭載していました。

 会津若松から帰る途中、娘が「見たい番組があった」とおもむろにナビを地デジモードに切り替えたのです。最初は問題なく受信できていましたが、間もなく画面はワンセグになり、やがて「受信できません」の表示が出てしまいました。福島県は会津地方、中通り、浜通りのそれぞれに中継局があるんですが、途中を山間が遮っていることから受信状態がすぐに悪くなってしまうんですね。

一旦は受信できなくなってもすぐに再受信

 P1080606_2 P1080603_2だけど、「受信できません」を少しだけ放置していたら、サイバーナビは自動的に受信できるチャンネルをサーチして、見ていた番組を表示してくれたのです。とにかく福島県は思ったよりも山が多くて、この状況に度々遭遇しました。それでもすぐにサーチして対応してくれたので、家族(といっても娘だけでしたが・・)からは大好評でした。

 茨城に入ってからは、山間部がほとんどないことから、ワンセグに切り替わったりはするもののほぼ完全の受信を継続することができました。地デジは画質が良いとか、走行中でも画面が乱れないというメリットがあるんですが、この中継局サーチも地デジだからこそ実現した機能のひとつ。クルマでも一度地デジを体験すると後戻りできなくなるのは確かですね。

« 新型サイバーナビで会津若松へドライブ | トップページ | 初めてのバンコク訪問記④ »

カーナビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517348/45848160

この記事へのトラックバック一覧です: 家族に大好評!「中継局サーチ」:

« 新型サイバーナビで会津若松へドライブ | トップページ | 初めてのバンコク訪問記④ »

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ